学生のための賃貸物件にかかる費用|学生が賃貸マンションを借りるために必要なノウハウを一挙大公開

学生のための賃貸物件にかかる費用

男性

家賃の目安

学生の場合はアルバイトをすることで家賃を稼ぐことができますが、給料が高いわけではないので、だいたい親御さんが毎月の賃貸料金を支払っていることになります。そして、家賃の相場として3万円前後がのぞましいとされているのです。

1カ月における光熱費

学生が暮らす地域によってことなってきますが、一年中暑いところですとクーラーが必要になりますし、寒いところであれば暖房が要ります。そうすると、30日前後で電気代だけで1万円になってしまう場合もあるので賃貸料金の計算をしたいのなら、多めに見積もった方が良さそうです。

奨学金制度で賄える

家族や親せきから支援してもらえない場合には、奨学金制度を申請することによって、賃貸費用や生活費を手に入れることができます。そうすれば、勉強しながら生活することができ、のちにゆっくり返済していくことも可能になっています。

近くにあると嬉しいものランキング

no.1

コンビニがあると便利

コンビニエンスストアは日本全国どこにでもあり、どの店舗であっても24時間開いています。そして、食材から日用品、ATMなど幅広いアイテムが揃っているので、引っ越す際はコンビニの有無を重視するのが首位を占めています。

no.2

駅近が嬉しい

自宅から駅やバス停が近ければ学校の通学や会社の出勤、遊びに出掛ける際にもスムーズに移動することが可能になっています。そうすると遅刻の心配もなくなるので、快適に住めるのが2位にランクインした秘訣と言えるでしょう。

no.3

病院があれば安心

歯医者や内科、外科など頻繁に利用する傾向がある方には、病院が家の近くにあるかどうか調べておくことが重要です。そして、持病がある場合には専門の機関が近くにあるだけでも安堵することができるとのことなのです。

no.4

美容室があれば美を維持できる

美容室やネイルサロンなど女性が1カ月に1度通うようなところは、遠方にあると行くのが面倒になってしまいますが、近くにあることによって、美しさをキープすることができるのです。他にも、エステサロンがあれば快適に暮らせるとされています。

no.5

娯楽施設

毎日勉強や仕事漬けでは生活にハリが無いので、休日くらいは楽むべきです。そうして、オンオフを切り替えることによって、成果を出すことができるので、娯楽施設があるかどうかを事前に把握する場合があるのだとか。

物件の探し方とは

インターネットで調べられる

現代では、インターネットを駆使することによって、自分で簡単に調べることができるようになっています。そして、検索機能をかけるだけで、希望する物件を見つけだすことができるようになっているので、コストを気にしている方は家賃から検索するのが得策です。

パンフレットを請求する

パンフレットにはインターネットに掲載されていない細かい料金が載っています。また、契約する際に用意するべきものも書かれている場合があるので、必ずパンフレットを請求するようにするといいでしょう。無料のところもあります。

実際に見学に行く

だいたいの目途がついたのであれば、実物を確かめておくのが得策です。そうすることによって、いざ住んでみても不満を漏らすこともなく、快適に食らすことが可能になるのです。また、昼と夜で雰囲気が違うので2回行くといいでしょう。

必要な書類を訊いておく

見学をしてからすぐに物件の契約を迫られるわけではありませんが、お気に入りの場所が見つかった時に立地が良ければ良いほど埋まってしまうので、金額や書類などを早めに用紙して、いつでも契約できる準備をしておくといいでしょう。

広告募集中